お金と価値観で変わる使い方、貯め方、管理の仕方

お金は生活するうえで必要なものですが、どのくらいの金額が適当であるかという判断は難しいかもしれません。難しいというよりも適当な金額、妥当な金額というものは存在しないかもしれません。収入から支出を計算してお金を使いますが、その月々の収入だけでなく将来的な収入を見越して使うことになります。将来的な見通しをしないで入った分だけ使う人もいますが、そういった人は貯金どころか、借金地獄に知らぬ間に陥る可能性もあります。しかし一方で貯金ばかりがいいともいえません。お金で先行投資したほうがいいことも世の中にはたくさんあります。

何かを始めるには何かと資金が必要ですのでお金を借りることもあると思います。貯金をしてからだとなかなか手に入れることができないものもありお金を借りるということは悪というわけでもありません。お金の価値観は人それぞれでもあり、同じ人でもその時々で変わっていくのが普通だと思います。裕福に暮らしていた人が貧乏になったり、またその逆もありえるわけです。そう考えると何もかも計画通りいかない人生と同じでお金の管理や使い方も臨機応変にしていくという柔軟性もうまくお金と関わっていくことで必要だと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>