お金の流通量を考慮した将来の予想図

世の中のみなさんがお金の必要性を痛感したのはいつごろでしょうか。もしかすると、痛感しない人もいるかもしれません。私が痛感したのは、高校生の頃です。元々、家庭が貧しかったためお金にはとことん執着がありました。あまりに執着しすぎて母親に怒られたこともあります。しかし、この執着が後の私に大きく貢献します。私は高校卒業後、多額の奨学金を受けて、国立大学に通い始めました。

学部は経済学部で、私はこの学部を受けるのに迷いはありませんでした。なぜなら、世の中のお金の流れを理解すれば、自分自身で新たに開業できるのではないかと考えたからです。始めはそんな考えは甘いかな、と思いましたが、経済の勉強を進めるうちに、職種によってお金の流通量が格段に違うものがあることに気づきました。この格差を利用すれば、その流通量の違いを自分の利益にできるのではないかと思い、現在は将来のための計画をプログラムしています。年収1000万円を超える人は日本の一部に過ぎません。その枠に入るには、コネ云々よりもアイデアが勝負の鍵になることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>