子どもの学費を捻出するために頑張ってます

家庭を運営する上で、一生に3つの大きな支出があるといいます。住宅購入、教育費、そして老後の生活です。それぞれが大きな支出なので、長期的な計画が必要です。子どもが生まれたら、子どもの教育費のかかる時期は簡単に計算できますから、将来の教育費をすぐに貯めはじめましょう。貯金でもいいですし、学資保険などを利用してもいいですね。我が家は、子どもが1歳になる前に学資保険に入り、月々15000円ずつ支払ってきました。一昨年満期になった学資保険の300万円は、子どもの大学入学金と授業料としてとても助かりました。学資保険加入時には、子どもが大学に行くのか、公立大学か私立大学かもわかりませんが、とりあえず公立大学に行ける程度と思って積立をはじめました。結果、子どもは私立大学に進学し学資保険だけでは足りませんでしたが、学資保険の満期金を基本に足りない金額を貯めることでなんとか準備することができました。

住宅購入は、3つの支出の中で唯一、購入するかどうかから必要金額、購入時期などを全て自分たちの計画で決められるものです。ローン返済が滞ることのないように頭金の準備ができてから無理のない金額の住宅購入に踏み切りました。何度かの繰り上げ返済も実施し、完済までの道筋はみえてきたところです。あとは老後の生活費ですが、年金を軸にして教育費の支出が終わってから本腰を入れようと思います。長期での計画がないと大きな支出は乗り切れません。目先の貯金額や支出にまどわせることなく、長期計画をたてることが大切です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>