借り換えの利便性

現在では、いろんなカードローン商品が売り出されています。
金利もさることながら、気軽にお金を借りれるようになっています。
最近、おまとめローン一本化なるものが存在する事に気づきました。
なんと、いろいろなカードローンを一社にまとめて、月々の返済額を減らしたり金利を下げて借りれるようになたりというものです。

衝撃でした。数社からローンをしてる私にとっては、とてもありがたい存在です。
なにせ、今まで数社に分かれておりましたので、金利もバラバラですし、月々の返済額も各社の最低金額を返済しないといけません。

ですが、おまとめローンにすることで、それを全部一本にまとめてしまうことができるのです!

なんて画期的な!!おまとめローンを扱ってるクレジット会社も多数で、まさにクレジット会社で競争が起こってしまっている始末。消費者側にしてはありがたいことです。
なにも言わなくても、クレジット会社から、借りてくださいと言わんばかりに、ローン商品の紹介DMが届くほどなんですから。審査もやはり、甘くなっているのでは?とも思います。
もちろんそれなりの審査はあるとは思いますが・・・。

消費者側に、選択肢が増えるのは、とても良いことですよね。
おまとめローン、消費者の強い味方です。

好きなことをやってお金を稼げるのが一番

現在若いのに高収入を得られるのは、プロ野球選手がその代表でしょう。高卒ルーキー18歳で契約金1億円年収1千万円は珍しくありません。順調に進めば4-5年で年収1億円も夢ではありません。

昔はお金を稼ぎ家族を養うためにプロ野球に入った人も多かったようですが、最近は野球が好きで才能もあって高校・大学でいい成績を残してプロにスカウトされる選手がほとんどでしょう。

もちろんそこに至るまでには、人の何倍も練習したことでしょうし、いろいろなつらい経験もしたかもしれません。しかし基本的に彼等は野球が好きで、それを続けてきたわけで、その好きなことを職業にして、かつ高額の収入を得られるわけですから、最高の職業についているといえるのではないでしょうか。

ビジネスマンも給料をもらうから、いやな仕事もやらなければならないと考えるようでは、たいした仕事はできないでしょう。やはり時間を忘れるほど熱中できることを職業にするにのが一番です。

好きなことはどんどん興味を持って進めるので、知らないうちに実力がついていきます。これによって職業のスキルが上がり更に待遇も良くなっていきます。まさにプロ野球選手と同じです。

私の節約術

久しぶりの専業主婦として、できることから節約しています。

毎日買い物をするのをやめる。

 一日一日をやっとの状態でやりすごしていたので、仕事帰りの食品購入がストレス発散でした。これをやめると無駄な出費がなくなり、非常に経済的です。

「中食」もできる限り「手作り」へシフトアップする。

 専業主婦初心者は、どうしてもお惣菜に頼る習慣を捨てきれないものです(私だけ?)。が、そこは賢くひと手間かけて、安い材料費でも心豊かになれる手料理作りを研究します!

保険の見直しをする

 働いていた時掛けていた大きな金額の保険は、見直しが必要です。子供の数やライフイベントもよく考慮して、無駄のない必要最低限の保険に掛け替えましょう。

光熱費節約も技の見せどころ

 小さいことと侮るなかれ。遮熱カーテン・サーキュレータ・緑のカーテン(我が家はやっていませんが)等の併用で、えっ!と驚くような節約も可能です。最後に・・・「楽しい」節約生活・・・これが最大のミソですよね。がんばるぞ!

給料日前によくカードローンを利用しています

給料日前のお金が少なくなる時はカードローンを利用することが多くなります。お金が無くても生活にはお金がかかるので、そんな時はカードローンに頼っています。給料日が来るまで節約をして乗り切るようにしていますが、どうしてもお金が足りなくなることもあるのでカードローンでお金を借りることができることでとても安心できます。
急な出費時にも審査スピードが早く、場合によっては短期間なら無利息で借りられるところもあります。
詳しくは給料日前の金欠時に即日カードローンを御覧ください。

お金が無いと生活はできないですし、借りるしか選択肢はありません。色々な支払いを滞納するよりは借金をしてでも支払いをする方がいいと思っています。カードローンなら金利が安いのですぐに返済できるのであまり借金を意識しなくてもいいので使いやすいです。

私の場合は生活の助けになってくれているのがカードローンなのでお金に困ったらこれからも利用していきたいです。今までも上手く使えたのでこれからも上手く使っていきたいです。

おまとめカードローンについて

カードローンには、おまとめローンと呼ばれるローンがあります。これは、複数の銀行や消費者金融会社から借り入れを行っているものをひとつにまとめるローンになります。おまとめローンにすることでのメリットはいくつかあります。一つ目は、返済金額を減らすことができる可能性があります。金利が高い会社のローンを、ひとつにまとめることで金利を下げ、返済金額を軽減できる場合があります。

すべてのケースで軽減できるとは限らないので注意が必要です。他のメリットとしては、返済プランが明確になることです。複数の借り入れがある場合、いくら返していかなくてはならないのかわかりずらくなってしまいます。まとめることで月にいくらで何回返していけば、返済が終了するのかわかるようになります。また、月の返済日が1回になるので気持ちにも余裕をもてるようになります。

お金と価値観で変わる使い方、貯め方、管理の仕方

お金は生活するうえで必要なものですが、どのくらいの金額が適当であるかという判断は難しいかもしれません。難しいというよりも適当な金額、妥当な金額というものは存在しないかもしれません。収入から支出を計算してお金を使いますが、その月々の収入だけでなく将来的な収入を見越して使うことになります。将来的な見通しをしないで入った分だけ使う人もいますが、そういった人は貯金どころか、借金地獄に知らぬ間に陥る可能性もあります。しかし一方で貯金ばかりがいいともいえません。お金で先行投資したほうがいいことも世の中にはたくさんあります。

何かを始めるには何かと資金が必要ですのでお金を借りることもあると思います。貯金をしてからだとなかなか手に入れることができないものもありお金を借りるということは悪というわけでもありません。お金の価値観は人それぞれでもあり、同じ人でもその時々で変わっていくのが普通だと思います。裕福に暮らしていた人が貧乏になったり、またその逆もありえるわけです。そう考えると何もかも計画通りいかない人生と同じでお金の管理や使い方も臨機応変にしていくという柔軟性もうまくお金と関わっていくことで必要だと思われます。

レアフィギュアをタイムリーに手に入れることができました。

私は機動戦士ガンダムが昔から好きで、暇があればよくガンプラを組み立てたりペイントしたりしています。集中してガンプラ製作すると休みもあっという間に終わりますね。

またプロが作ったガンダムのフィギュアも勿論大好きで、趣味で収集したりもしてます。それである休日、行きつけの大手リサイクルショップに行きぶらぶら見て回っているとフィギュアコーナーに、むむっ!なんと超レアなガンダムフィギュアが売りに出ているではありませんか。

お値段○万円、「ほーなかなか良い値段だな~」

まだ給料日までは少しあり、手持ちのお金を使うと生活費が苦しいなと考えました。

しかし私には切り札がありました、こんなこともあろうかと先日カードローンを作っておいたのです。キャッシュでレアフィギュアを買って、生活費をカードローンのキャッシングで給料日までまかなえば何の問題もありません。こうして私はタイムリーにレアフィギュアを手に入れたのです。

現金払いは気分が悪くなります

私は高い買い物をして、現金で支払うと、具合が悪くなるという変な習性があって、19歳の頃、母と一緒にパリに行ったとき、シャンゼリゼ通りの店で、母が30万円以上する毛皮のコートを買ったのです。
私は通訳でそのやり取りの仲介をして、実際に日本円でその金額を支払ったのですが、その日の夜、私は具合が悪くなって寝こんでしまいました。
母はそんな私をみて、そんな肝っ玉が小さくてどうする、と言いました。
でも、私はそんな大金を右から左へと渡すのにもの凄い抵抗を感じて、具合がわるくなったのです。

それなのに、大学の授業料などは、クレジットカードで支払っていたので、何の抵抗もなく払っていました。
どうやら、私はお札に弱いらしくて、お札だと、3万円以上を支払うと具合が悪くなるのです。
私はアメリカ暮らしが長かったので、ドル紙幣を使うことが多かったのですが、ドル紙幣だとそんな感覚はないのですが、日本円になると、お札を使うことに抵抗を感じるのです。
最近では、ほとんどクレジットカードで支払いをしていますので何ともありませんが、紙幣に弱いというのも不思議な感覚だなと思います。

カードローンは大抵の人の役に立つ

ピンチを救ってくれるカードローンは多くの人に有用

カードローンがあると何かと便利でピンチを救ってくれたり、休日で銀行がやってなくて手数料が多くかかる時とかもカードローンを利用した方が安上がりだったりと、持っててよかったな~と思えることが多いです。

もちろん金利はかかりますからそれなりのデメリットもありますけど、その金利もそこまで高くないのであまり怖がる必要はないですよ。特に銀行カードローンの金利の低さには驚いちゃいますし、消費者金融のカードローンだって負けていませんよ、なんと今や多くの業者が無利息の借入れサービスを初めての人に提供していますからね。

もちろん中にはカードローンなんて全く不要な人もいますよね、貯金が物凄く多くある人とか・・羨ましい限りです。ですが普通の人ならだいたいカードローンが役に立つ場面が多くありますよ。
ただし計画性がなくて無責任な人、返すつもりもないような人は絶対に作っちゃいけません。最終的には破産しかありませんからね。

ポイント還元がある楽天銀行カードローンの仕組み

楽天銀行カードローンは、ネットバンクの特色を生かしつつ、低金利且つ審査条件も厳しい年収・職業制限がありません。またカードローンの最大融資枠は500万円で、年会費・入会費も永年無料になっており、入会するだけで1000ポイント付与されます。

また、カードローンの利用額に応じて最大30000ポイントが進呈される特典もあります。貯まったポイントは、楽天市場での買い物代の割引や飛行機のマイルに交換できるようになっています。もう1つの特長は、200万円までの借り入れなら年収の証明書は不要となっており、借り換え・おまとめローンにも適しています。

更に収入の少ないパート・アルバイト従事者でも利用でき、全く収入のない専業主婦も夫の収入証明書なしで50万円までの融資を受けられます。

ネットだけでなく、買い物ついでにローソンやセブン銀行のATMから気軽に借り入れ・返済ができ便利です。特に毎月の生活費に余裕のない家庭の主婦がこのサービスを利用し、貯めたポイントで家計を節約するケースもよく見受けられます。

特に楽天市場でよく買い物する人や、ネット完結の取引で銀行系・低金利の所を探している人にもお勧めのカードローンです。

宝くじ当たらないかなぁ

宝くじが当たらないかなぁ?と思った人は私だけでは無いと思います。

お金が無かった時の神頼みが宝くじやパチンコだったりする私って本当にお金(大金)を持った事ないよなぁと思います。

宝くじと言えば「書店員ミチルの身の上話」と言うドラマをご存知ですか?
NHKの深夜枠でのドラマだったのですが、サスペンスも含み淡々と進んでいくストーリーにワクワクしながらみていました。
戸田恵梨香主演だったのも好きな理由でしたね。
2億円が宝くじで当たった戸田恵梨香演じるミチルの転落人生を描いているドラマです。
2億円が当たってしまって、それまでの人生が変わってしまいます。殺人事件にかかわってしまったりもするミチル。
最後まで、色々な事があり目が離せないドラマでした。
後日談も見たいくらいですが、そんなに視聴率は良くなかったのかな?
最終話は、30分にギュッと内容を詰め込んだ感じだったのが少し残念です。

でも2億円が当たったら、何をしようか考えてしまいますね。
今だったら、やっぱり一軒家が欲しいかなぁ?
あっと言う間に無くなってしまいそうですがね。

初めてお金を拾った日

生まれて初めてお金を拾ったのは、保育園に通っていた時だった。あと数週間で小学校に上がる、そんなある雨の日に黄色の雨傘をさして、青い長靴をキュッキュキュッと鳴らしながら歩いていると、視線が何気なく地面のコンクリートに移った。そこに銀色に光る500円玉だった。思わず手に取って眺め、自分のポケットに入れて歩き出したが、その時に保育園の保母さんの言葉が頭に中に浮かんできた。
「お金を拾ったら正直に、近くの交番に行っておまわりさんに届けましょうね」

交番は来た道をまっすぐに引き返した所にあるが、ここからだと少々遠い。一方、自宅があるアパートには後2、3分で着く。一瞬互いの方角を交互に見て、頭の中で少し考えたが、この時は幼いが故の純粋さが打ち勝った。
わたしは来た道をテクテクと歩いて引き返し、大通りに面した場所に立つ交番の前に立った。
「すみません。お金を拾ったので届けに来ました!」
いつも保育園の保母さんにしている挨拶同じくらいの大声でわたしは交番にいたおまわりさんに叫んだ。

「ああ、えらいね~。ちょっと待ってね」
おまわりさんはわたしから500円硬貨を受け取ると自分の机の引き出しから同じ500円硬貨を取り出してわたしにくれた。
「正直に届けてくれたお礼だよ。このお金は責任を持って預かるからね」
こうしてわたしは再び自宅への帰路についたのだが、なぜか釈然としなかった。お金が渡せなかったと思ったばかりか、ただ長い時間歩いただけではなかったのかと疲れた印象しかなかった。
この体験以降、わたしはしばらくお金を拾う度に同じ金額が返されるのが好きではなかった。むしろ返ってこなかった時の方が使命を果たせた気がしていい気分になったのを覚えている。

お金の流通量を考慮した将来の予想図

世の中のみなさんがお金の必要性を痛感したのはいつごろでしょうか。もしかすると、痛感しない人もいるかもしれません。私が痛感したのは、高校生の頃です。元々、家庭が貧しかったためお金にはとことん執着がありました。あまりに執着しすぎて母親に怒られたこともあります。しかし、この執着が後の私に大きく貢献します。私は高校卒業後、多額の奨学金を受けて、国立大学に通い始めました。

学部は経済学部で、私はこの学部を受けるのに迷いはありませんでした。なぜなら、世の中のお金の流れを理解すれば、自分自身で新たに開業できるのではないかと考えたからです。始めはそんな考えは甘いかな、と思いましたが、経済の勉強を進めるうちに、職種によってお金の流通量が格段に違うものがあることに気づきました。この格差を利用すれば、その流通量の違いを自分の利益にできるのではないかと思い、現在は将来のための計画をプログラムしています。年収1000万円を超える人は日本の一部に過ぎません。その枠に入るには、コネ云々よりもアイデアが勝負の鍵になることは間違いありません。

子どもの学費を捻出するために頑張ってます

家庭を運営する上で、一生に3つの大きな支出があるといいます。住宅購入、教育費、そして老後の生活です。それぞれが大きな支出なので、長期的な計画が必要です。子どもが生まれたら、子どもの教育費のかかる時期は簡単に計算できますから、将来の教育費をすぐに貯めはじめましょう。貯金でもいいですし、学資保険などを利用してもいいですね。我が家は、子どもが1歳になる前に学資保険に入り、月々15000円ずつ支払ってきました。一昨年満期になった学資保険の300万円は、子どもの大学入学金と授業料としてとても助かりました。学資保険加入時には、子どもが大学に行くのか、公立大学か私立大学かもわかりませんが、とりあえず公立大学に行ける程度と思って積立をはじめました。結果、子どもは私立大学に進学し学資保険だけでは足りませんでしたが、学資保険の満期金を基本に足りない金額を貯めることでなんとか準備することができました。

住宅購入は、3つの支出の中で唯一、購入するかどうかから必要金額、購入時期などを全て自分たちの計画で決められるものです。ローン返済が滞ることのないように頭金の準備ができてから無理のない金額の住宅購入に踏み切りました。何度かの繰り上げ返済も実施し、完済までの道筋はみえてきたところです。あとは老後の生活費ですが、年金を軸にして教育費の支出が終わってから本腰を入れようと思います。長期での計画がないと大きな支出は乗り切れません。目先の貯金額や支出にまどわせることなく、長期計画をたてることが大切です。”